国家資格のあれこれ

国家資格を取得する人たちの間ではしばしば、「どの資格だったらとりやすそうなのか」が、議論されているようです。私はかなり前から、自分がその質問を受けたときは、「行政書士」を答えのひとつにとりあげることがありました。行政書士は、人気が高まってきた昨今でも難易度がほとんど変わっていません。変わらずにステイタスを維持しているとみなすこともできますね。

 

行政書士は、官公署に提出する書類や、さまざまな契約書類の作成をすることができる資格で、取り扱える書類の数は10000を超えると考えられています。これはこの国家資格に大きなチャンスを与えています。

 

行政書士に受かると、人によってさまざまな書類作成を専門化して、差別化を図るチャンスがあるのです。私が見てきただけでも、車庫証明を得意にしている人や、外国人の帰化手続きのための書類を得意にしている人、あるいは内容証明を得意にしている人……と、バラエティに富んでいます。行政書士は、受験資格がなくてどんな人でも受験できる点もいいですね。

 

学歴や職歴に恵まれていない人でも、実力を積めば資格を認めてもらうことができるのです。行政書士は、弁護士や司法書士といった特に難しい資格と比べれば、それほどの難易度でもなく、1年の勉強で合格する人も毎年いるようです。私も以前、ニートをしていた若い男性にこの資格はどうかとすすめたら、1年以上かかったものの見事合格して開業にこぎつけた例を知っています。