国家資格のあれこれ

国家資格にも種類がたくさんあります。私も最初のうちはどれがどう違うのかまるで区別できませんでした。分け方にはいろいろとありますが、たとえば「業務独占資格」というものがあります。

 

これは、特定の業務に関して、その資格を有している人材しか従事してはいけないと法律で定めているものです。つまり、国家資格をどうせ取得するのだったら、業務独占資格を取得するほうが、他の資格取得者と比べて差別化を図れるチャンスがあります。こういった国家資格には、たとえば「医師」「弁護士」「税理士」「建築士」……といったものがあります。

 

私も若い頃にこうした資格をとりたいと考えたことはありました。これらの業務独占資格は、独立・開業といった働き方に適しているものも少なくありません。

 

いずれの資格の場合でも、その取得を達成するまでに多大な準備時間が必要となることが多く、試験の難易度も高めに設定されていることがほとんどです。ある意味で、これらの国家資格は取得後の生活が保障されているとみなすこともできるでしょう。

 

場合によっては、特定の大学や専門学校といった学習機関を修了・卒業することが資格取得のプロセスに含まれていることもあります。

 

医者はその典型と呼んでもよいでしょう。私は、特に若い世代には、業務独占資格をお勧めすることが多いです。もちろん、年齢制限がない場合も非常に多いので、若くなくてもチャレンジ精神がある人であればこれらの資格を取得することは可能ですが。